2019年8月23日金曜日

コストコのジャンボホタテとベビーホタテ、オススメはどっち?

少し前の日経新聞に、「ホタテの水揚げ好調」という記事が出ていました。

今年は生育に適した海水温が続いたおかげで、青森県ではベビーホタテの生育が順調で、出荷量が過去最高を更新したとか。水揚げが順調なため、卸値も4割安になっているそう。国内最大の産地の北海道も、今年は増産の見込みということで、ほたて好きのわが家にはうれしい限り。

わが家のほたてはもちろん、コストコで調達しています。

コストコのほたては、刺身用の生ホタテと冷凍ほたて(ジャンボサイズとベビー)2種類、合計3種類あります。

刺身用はかなりお値段が高い上、なかなかクーポンが出ないので、ごくたまにしか買えませんが、ねっとり濃厚でなんとも美味。

一方、冷凍ほたては、クーポンが出ているときに買うと、ベビーホタテなら1キロ1,380円(今年7月の価格)で買えてしまいます。

おまけに、バラ凍結されているので、好きなときに好きなだけ使えてとても便利。わが家の冷凍庫の常備品になっています。

ちなみに、ジャンボサイズのホタテとベビーホタテを並べるとこんな感じ。

こうやって見てみると、貝柱の大きさ自体には、劇的な違いがないことが分かります。ジャンボサイズがジャンボなのは、貝ひもと卵/白子が大きいからなんですね。


どちらもボイルしてあるので解凍するだけで食べられますが、特にジャンボサイズの方は絶対、加熱した方が美味しいです。(関連記事:作った料理がことごとく失敗した、ある日の昼食/コストコの冷凍ボイルほたては、汁を逃すな!

わが家ではよく、ジャンボサイズに片栗粉をまぶしてオリーブオイルでソテーしたものを作ります。

ソテーすると甘みが増すので、海塩をパラパラッと振りかけるだけのシンプルな味付けで十分。

見た目も豪華なので、メイン料理としての存在感もばっちり。

もちろん、解凍してわさび醤油やポン酢でいただいてもいいのですが、白子や卵のモソモソした食感がどうしてもマイナスになってしまいます。

また、炙って食べる場合、白子や卵はガスバーナーの炎ごときではビクともせず、水っぽさが残ってしまうので、ベビーホタテの方が断然おすすめ。

ベビーホタテなら、ちょっと炙るだけでいい具合に表面に火が通ります。

解凍してわさび醤油だけだと、なんだか味気ない……と思っていましたが、炙るといい具合に水分が飛んで、味がぎゅっと濃厚になります。

カレーやスープの具材、ソテーやフライとして使うなら、見た目も豪華なジャンボサイズがオススメですが、お手軽に生食メインにしたいなら、ベビーサイズの方がオススメ。

あと、同じ1キロでも、ジャンボサイズは直近の通常価格が2,100円ちょっと、ベビーホタテは1,800円弱なので、ベビーの方がお財布には優しいです。

ちなみに、コストコのタコも、炙るとうまみが倍増!美味しさが一段とアップするので、ぜひ一度お試しあれ。


なお、タコは、火が通るまで結構時間がかかります。

わが家では、ガスボンベ缶タイプの大きなバーナーを使っています。買った当初は、ブワっと吹き出る炎の大きさに恐怖を感じ、小さいテーブルトップ用のバーナーにすればよかったと後悔しましたが、タコを炙ったりするには小型バーナーではパワー不足かもしれません。
(関連記事:少食宣言!炙り用バーナーのせいで食べ過ぎの日々~コストコの刺身は炙ると旨さ倍増!

ちなみに、ガスボンベ缶タイプのバーナーは絶対、魚焼きグリルに具材を並べて炙った方が安全です。皿の上からちょちょっと炙ったりするのは、危険すぎます。


わが家のバーナーは、Amazonで購入しました。



新富士バーナー パワートーチ RZ-730



コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村



2019年8月22日木曜日

美味しいカレーが食べたい!~「マスコット 印度の味」

ここ数日、湿度が高くて食欲がわきません。何か食欲が出そうなスパイシーなものが食べたい……ということで、久しぶりにカレーを作りました。

使ったのは、以前コストコで購入した「マスコット 印度の味」。コストコファンの間では、「本格的なカレーが作れる」とかなり評価の高い商品です。



一般スーパーで買うと1ビン600円近くするのが、コストコなら2ビン入りで900円ちょっと。

買ったときの正確な値段は忘れましたが、たしか100円引きぐらいの時に買ったような気がします。

レシピは、ものすごく簡単。鍋に中身を空けて水を足し、好きな肉や野菜と一緒に20分ほど煮込むだけ。

今回は、コストコのほたて、ベビーほたて、エビ、しめじと業務スーパーのむきアサリを使ってシーフードカレーにしてみました。

前回と前々回は手羽元を使ってチキンカレーにしたのですが、いまひとつ満足できる仕上がりになりませんでした。

なんというか、全体的に味に深みがないというか、コクが足りないというか。手羽元を最初にフライパンで焼いてみたりもしましたが、やはり何かが物足りない。

煮込む時間が20分だけというのが短すぎるのか?と思い、今回はシャトルシェフを使って1時間ほど保温調理にしてトライ。

ただ、エビは長時間煮込むと硬くなりそうだったので、最後の仕上げ時に加えました。


具材が豪華な割に、「まあまあかな……」という感じでした。

夫は「美味しい美味しい」とたくさん食べていましたが、ほたてやアサリの力を持ってしても、「何かが足らない」感がぬぐえず。もっとシーフードのだしが出るかと思ったのですが、カレーのスパイスにかき消されてしまった感じ。

なぜか、ルウと具材のハーモニーが一切感じられない。

具材がルウと絡み合っていない。ただぽつねんと、そこに具材がある感じ。

これは、手羽元を使ったときにも感じたこと。ルウに具材のうまみが流れ出てカスカスになってしまった、というわけではない。具材のうまみが引き出されていないとでもいうのか、とにかく何かが物足りない。

何が足りないんでしょう。

この「印度の味」を使って、「美味しかった!」と満足できたのは、具材にコストコのロティサリーチキンの残りを使ったときだけだったような気がします。

ということは、もっと具材にしっかり味(塩?)を付けて焼くなり何なりしてから投入すれば美味しくなるんでしょうか。

それとも、ただ単に、カレーの好みの問題でしょうか。

なんだかむしょうに、こういう本場っぽいスパイシーなカレーではなく、「ハウス バーモントカレー」のような昭和レトロなカレーが食べたくなってしまいました。

考えてみれば、昔懐かしい箱入りのチョコレートのようなカレールウを最後に買ったのは10年以上前のような気がします。

次は久々に、なつかしのバーモントカレーを作ってみましょうか。


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


2019年8月21日水曜日

冷凍庫に常備してあると便利!カークランドシグネチャの冷凍エビ

8月も下旬に入ったのに、まだまだ厳しい暑さが続きます。

体を冷やす作用のあるドリンクとして、わが家では最近バナナ豆乳スムージーをよく飲んでいます。

作り方はごく簡単。

冷凍しておいたバナナをポキポキ折り、カークランドシグネチャ(KS)のオーガニック・ソイミルク(関連記事:コストコのソイミルク~そのまま飲んでもよし、カプチーノでもよし、美味しい豆乳ヨーグルトも作れるすぐれもの)を適量注いでミキサーでガーッと回すだけ。

冷凍バナナを使うので、氷を一切足す必要がなく、キンキンに冷えた濃厚なスムージーが出来上がります。

このバナナスムージーを飲んでしまったら、もうファストフード店のシェイクは飲めない、というぐらいの美味しさ。

KSのソイミルクは、既に砂糖が添加されている調製豆乳でほんのり甘みがあるため、砂糖や蜂蜜を足さなくても、この豆乳の甘みとバナナの甘みだけで十分な甘さになります。

スムージーに、カプチーノに、スープにと大活躍するKSのソイミルクは、ここ数年、すっかりわが家の常備品になっています。

コストコの常備品といえば、KSの冷凍エビもかつては冷凍庫の常備品でした。

KSの冷凍エビは、ボイル済み/生と尾付き/なしによって何種類かに分かれています。

わが家ではいつも、生の尾付きを購入していました。

エビチリ、エビマヨ、エビワンタン(つなぎは、はんぺん)などにたいそう重宝していたのですが、長く続いた1ドル80円の時代が終わると同時に400円近く値上がりしてしまい、昔の安さを知っていただけに、手が出なくなっていました。

そのKSの冷凍エビを先週、ハワイアンガーリックシュリンプを作るために数年ぶりに購入しました。

昔と変わらず、味が濃くて、身がプリプリ。

バラ凍結されていて、使いたいときに使いたい分だけさっと取り出して使えるので、冷やしラーメンをゆでるときに一緒にゆでてトッピングしたりと、ちょっと豪華さを演出するのにもぴったり。

アヒージョに入れてみたら、やっぱり、あるとないとでは大違い。


ちなみに、ホタテもタコもマッシュルームもすべてコストコで購入したもの。むきあさりだけは、コストコにないので、業務スーパーで調達。

アヒージョはいつも多めに作り、お手軽な「なんちゃってパエリア」に再利用します。

作り方は超手抜き。スープとオイルをフライパンに入れて追加の具材があれば炒め、ご飯を投入してさらに炒め、最後に業務スーパーのパエリアソースをちょっと入れて、味(と色。アヒージョのスープだけだと、どぶ色のご飯になってしまう……)を整えれば出来上がり。

魚介のうまみがたっぷり凝縮されていて大変美味。

KSの冷凍エビ、値上がりしたとはいえ、スーパーでこのクオリティのエビを買おうと思えば、結構な値段がします。何年も前の円安時代と比べて「高い、高い」と敬遠するなんて、なんだかバカげていました。

エビが驚愕するほどちっちゃくなって激しくがっかりさせられた「エビのマヨソース」を買うぐらいなら、この冷凍エビを買って自分でエビマヨを作った方がずっと安上がりで、満足感も高かったはず(関連記事:味はするけど姿が見えない~コストコの「エビのマヨソース」のエビがちっちゃくなった!?)。ちなみに、過去記事の写真を見てみたら、パッケージに「エビが大きくなりました」なんてわざわざ書いてあって苦笑い。

というわけで、KSの冷凍エビよ、ウェルカム・バック!


追記:

冒頭に書いたスムージーですが、わが家のミキサーは氷を砕けるタイプのものなので冷凍バナナも問題ないのですが、ミキサーによっては氷はNGかもしれません。冷凍バナナでスムージーを作るときは、念のためご確認ください。

なお、わが家のミキサーは2012年に買ったティファールのもの。当時は5,800円の商品でしたが、今見たら7,800円に値上がりしていました。エビだけでなく、いろんなものが値上がりしているのだと実感させられました。いつまでもデフレ時代の感覚でいた私が時代遅れでした。


ティファール ミキサー 「ミニマルチ」 ミモザ BL1231JP



コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


2019年8月18日日曜日

コストコスイーツに、見た目涼しげな「レモンメレンゲタルト」が新登場!

昨日のコストコショッピングで購入したレモンメレンゲタルト。

一面に白いメレンゲが敷き詰められていて、見た目がとっても爽やか。

ちなみに、このでっかいタルトをカートに入れて店内を歩いていたら、すれ違う方が何人かチラチラっとカートを見ておられました。

コストコのレモンメレンゲタルト

写真で見ると、濃厚なクリームがこってり乗っているように見えなくもないのですが、全部メレンゲです。

このメレンゲ、結構パリパリしています。持って帰る間に、ちょっとヒビが入ってしまいました。

近くでズームアップしてみると、漆喰のように見えなくもありません。


切り分けるときにメレンゲの崩壊が進むのでは?と危惧したとおり、包丁を入れたところから、パリパリパリっとひびが広がってしまいました。


あああああ、あのツルンと美しかった表面が、砂漠のひび割れた大地のようになってしまいました。

フィリングの部分が大変柔らかいので、切り分けた後に取り出すのが結構難しいです。

せっかく美しくメレンゲでデコレーションしてあるのに、お皿に取り分けたピースはかなり無残な見た目に。写真のサイズは、12分の1カットです。


ボロボロに割れてしまいましたが、パリっフワっと口の中で溶けるメレンゲの食感が楽しい。

中は、爽やかなレモンカードと、ババロアのようなフワフワのクリームの2層になっています。


このレモンカード、かなり酸っぱい!小さいお子さんの場合、好き嫌いが分かれそうな酸っぱさです。そして、甘い!甘い!甘い!

今年食べたコストコの「キャラメル洋ナシタルト」と「アップルノルマンドクリームタルト」(過去記事:「新製品「キャラメル洋ナシタルト」は超オススメ!」「期待以上!爽やかな美味しさあふれる、アップルノルマンドクリームタルト」)は、コンポートにした果物の甘さにキャラメルの苦みが加わって甘さがほどよく抑えられ、いくらでもスルスル入っていく感じでしたが、このレモンタルトは、途中で手が止まってしまうレベルの甘さ。

苦いアイスコーヒーを流し込んで、口の中の甘さをかき消しながら何とかいただきましたが、12分の1カットはきつかった。

16分の1で十分でした。

あまり甘いのが好みでない方は、小さめのカットをオススメします。

2日目になると、当然のことながらメレンゲがかなり湿気てしまい、あの口に入れるとホロホロっと溶ける食感は完全に失われてしまいました。

おまけに、外見の崩壊が1日目よりさらに進行。こんなことなら、1日目にもっとメレンゲだけ剥がして食べておけばよかった、というぐらい。


買ってきた当日に(切り分ける前によく目で楽しんだ後に)大人数でいただくのが、一番美味しく、そして見た目も楽しみながら食べられるような気がします。

少人数家庭の場合、かなり甘くてそんなに消費できないので、メレンゲは完全にあきらめて冷凍保存が必須になります。

冷凍すると甘みが抑えられるので、半解凍にして食べればもう少しましかもしれません。

が、とにかく甘いので、ストロベリートライフルのように、ヨーグルトに混ぜてぐっちゃんぐっちゃんにして食べるとか、何か工夫しないとなかなか消費できそうにありません(過去記事:コストコの巨大ストロベリートライフル~ぐっちゃんぐっちゃんにしてアレンジ)。

夫は「美味しい」と言っていましたが、私としては、一度食べたらもう十分という感じです。

レモンの皮の苦みを加えるなどして、白砂糖の甘さ一辺倒ではない仕上がりだったら、もう少し食べやすかったような気がします。

とはいえ、見た目が涼しげで美しく、買った当日ならメレンゲの食感も楽しめるので、甘酸っぱいタルトがお好きな方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

後日追記:

冷凍したメレンゲレモンタルトを解凍してみました。分かりきっていたことですが、無事なのはレモンカードの部分だけで、ババロアとメレンゲの部分は無残に押し固められてしまいました。

コストコのレモンメレンゲタルト解凍後

おまけに、冷凍しても、甘さは一ミリたりとも、へこたれていませんでした。


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


2019年8月17日土曜日

コストコ尼崎店で買い物~ハワイアンガーリックオイルで簡単!自家製ガーリックシュリンプ

コストコ尼崎店に行ってきました。

スイーツコーナーに新商品を発見!

その名も、レモンメレンゲタルト。1,598円です。


メレンゲが上一面に敷き詰められたレモンタルトです。タルト大好き!なわが家は、迷わずカートイン。詳しくは、後日レポします。

今日のお目当ては、クーポンが出ていた200円引きのハワイアンガーリックオイルとガソリン給油で200円引きになるBIBIGOの水餃子。ちなみに、水餃子のクーポンは8月31日まで有効です。


ガーリックシュリンプが作れるというハワイアンガーリックオイル。

輸入物っぽいパッケージですが、実は日本の会社の製品。

コストコのデリのガーリックシュリンプが大好きなので(過去記事:記憶の中のあなたは、もっと匂いました~味がマイルドになった?「ハワイアンガーリックシュリンプ」)、気になっていました。

今回200円引きになっていたので、カークランドシグネチャの冷凍エビ(尾付き)と一緒に購入。

このエビ、1ドル100円を切っていた円高時代は1袋1,200円ぐらいで買えたのですが、その後の円安進行とともにジリジリと値上がりし、最近はすっかりご無沙汰していました。


今は908グラム1,598円になっています。

それでも、デリでガーリックシュリンプを買うことを思えば安い。それに、デリの商品は殻付きですが、こちらは殻なし。

帰宅してさっそく、自家製ハワイアンガーリックシュリンプに挑戦!

このエビは、時間があるときは冷蔵庫で一晩解凍、急ぐときは水を張ったボールに5分浸せば解凍できます(流水で解凍しないように注意書きがあります)。


作り方は実に簡単。エビに、オイルとその中の固形物をまぶして冷蔵庫で30分ほど置いておいて焼くだけ。

ただ、ボトルのレシピにはサラッと「オイル15グラム+固形分15グラムでマリネし」と書いてあるのですが、この固形物(みじん切りのにんにくやスパイス等)が底に沈んでいて、固形物だけ取り出すのが難しい!

ボトルにはサラッと「具材を取り出す場合は、別の容器に移してご使用ください」と書いてあるのですが、別の容器ってどういうこと?

わざわざガラス瓶を熱湯消毒するのも面倒くさいし……としばし考え込み、結局長いマドラーをよく洗って乾かして、それで底の固形物をすくい取りました。

ジップロックに入れてマリネした後、マリネ液ごとフライパンでエビを炒めれば出来上がり。

今回は、コストコのマッシュルームも一緒に漬け込んで焼いてみました。


味は、デリのガーリックシュリンプと同じような仕上がり。

殻が最初から剥いてあるので、食べやすさはこちらが上。あと、殻がない分、こちらの方が身にしっかり味が付いている感じ。とても気に入りました。

食べたい時に食べたい分だけお手軽に作れるので、わが家のような少人数家庭では、大容量のデリ商品より使い勝手もいいです。

他に今回初購入したのは、試食で出ていたシイタケマッシュルームクリスプ。


数カ月前に登場したときから気にはなっていたのですが、しいたけの匂いがきついのでは?と二の足を踏んでいました。

試食でいただいてみたら、しいたけ臭はほんのりするだけで、全然「しいたけしいたけ」していない!

試食の係の方が「食べた後に、遠くからしいたけが香ってくる感じ」とおっしゃっていましたが、言い得て妙。

ポテトチップスや一般的な野菜チップスのようにたっぷりの油で揚げてあるのではなく、少量の油で低温で真空調理されているので、油でギトギトした感じも全くなし。

人工調味料を使っていないので、かなり薄味。しっかりした味のあるスナックを期待すると、ちょっと期待外れかもしれませんが、後を引く美味しさでついつい手が伸びてしまいます。気軽につまんでいると、あっという間になくなりそう。150グラム598円とかなりお高いので、食費を節約したいわが家にはあまりよろしくないかも。

そして、今回初購入したもう一つの商品が、オーガニックリフライドビーンズという缶詰。8缶入りで1,898円。


うずら豆のペーストっぽい感じなのですが、初めて見ました。メキシコ料理ではよくあるようですね。


こんな風に、コーントルティーヤの上に乗せたり、ディップにしたりするようです。

コーントルティーヤも一緒に買って帰ろうと探しましたが、姿を消していました(関連記事:コストコのコーントルティーヤは、香ばしくてコスパも最高!)。

「姿を消した」と言えば、とうとう恐れていたことが起こりました。

先週も今週も、愛用しているローストフラックスシードが売り場から姿を消していました。

8袋ぐらい買い置きがあるので、5カ月ぐらいはもちそうですが、再入荷があるかどうか非常に気になるところです。


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


2019年8月7日水曜日

真夏にケルセンのバタークッキーを食らう/食器用洗剤を集めすぎている話

殺人的な猛暑が続く今日この頃。

わが家の現在のブームは、クリスマスシーズンのコストコに出回るケルセンのバタークッキーを、ミルクたっぷりのアイスコーヒーと一緒に食べること。

季節外れもはなはだしい。


908グラム入りでお値段838円でした。

調べてみると、去年秋は968円だったようなので、少し安くなっているようです。オフシーズンだからでしょうか?

中身は、こんな感じ。


グラシンカップに3~4枚のクッキーが入っていて、そのカップが缶の中でぎっしり層をなしています。


カップに入っているので、職場に持って行って配るのに便利そうですね。

5種類入っていますが、ザラメがついているかいないかの違いぐらいで、どれも似たり寄ったり。

味は、ごくごく素朴なバタークッキー。とてもシンプル。でも、このシンプルさが、食欲の落ちる真夏にはぴったり。

ついつい手が伸びてしまいます。

ショートニングやマーガリンが一切使われていないせいか、クッキーによくある「油脂感」が全くありません。

胃腸が弱りやすいこの季節、身体に優しいクッキーと言えるかもしれません。

なお、先週は、連日の猛暑に外出する気力が起こらず、このところ毎週続けていたコストコ通いをお休みしました。

今週のセール品も特にめぼしいものがなく、行くかどうか迷っています。

メルマガでは食器用洗剤のキュキュットが100円引きとなっていましたが、今年7月にリニューアルされた新商品ではなく、旧商品っぽい感じです。

ちなみに私は、食器用洗剤はコストコでは買いません。

その理由は、色んな香りを楽しみたいから。

いい香りの洗剤があると、食器洗いも楽しくなります。

というわけで、今、わが家のキッチンには4種類のボトルが……


左のボトル2つが、リニューアル後のキュキュットです。

おしゃれなボトルが登場しています。

左が新しく出た「ヴァーベナ&シトラスの香り」で、右が「グレープフルーツの香り」(商品名は「クリア除菌」)。

グレープフルーツの香りはキリリとフレッシュで、ヴァーベナの香りはちょっと甘め。意外と、グレープフルーツの香りが気に入りました。

なお、全ラインアップは、キュキュットのHPで見ることができます(HPはこちら)。

コストコで大容量の詰め替えを買った方がはるかに節約になることは分かっているのですが、楽しい気分で食器洗いをしたい欲の方が勝ってしまいました。

でもさすがに、4種類の香りを揃えるのはやりすぎなような気がしないでもありません。

いや、わが家にはそれ以上あるよ!という方がいらっしゃったら、ぜひコメントでお知らせください。

ちなみに、残りの2種類は、キュキュットのハーブミントの香り(数年前に出たもので現在は廃盤。気に入ったのでたくさん買いだめしました)とジョイのベルガモット&ティーツリー(それほどインパクトのある香りではなかった…ジョイはローマンミントの香りも試しましたが、これもぼやけた香りでリピしたくなるようなものではなかった)です。



コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


2019年8月4日日曜日

夏だ!アイスコーヒーだ!水出しだ!~コストコの「山本珈琲館ヨーロピアンブレンド」

昨年に続き今年も酷暑。

暑い夏にガブガブ飲みたくなるのが、冷たいアイスコーヒー。

でも、暑い時期に、わざわざ熱湯を沸かしてコーヒーを淹れるのはなかなか大変。おまけに、コーヒーポットに氷を入れてドリップする方法だと、どうしてもコーヒーが薄くなってしまいます。

水出しコーヒーなら、熱湯を沸かす必要も、コーヒーが薄まる心配もゼロ。

わが家では数年前から、水出しコーヒーポットを使って淹れたアイスコーヒーを冷蔵庫に常備しています。


HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用 ブラウン MCPN-14CBR
 

ちなみにこの「水出しコーヒー」、最近では「コールドブリュー」というおしゃれな(でも発音しにくい)名前で知られるようになっています。

コストコ尼崎店ではなぜか、フードコートのカウンター上部のメニューに表示がないのですが、150円で美味しいコールドブリューが買えます。
(でも、ある店員さんには、「コールドブリュー」では通じなくて、わざわざ「アイスコーヒーですね?」と言い直されてしまいました)。

このフードコートのコールドブリューは、店内で1.5リットル入り698円で販売している「Alameda」というブランドの商品で、初めて飲んだときはその美味しさにびっくり。

個人的な好みとしては、スタバで飲んだ「コールドブリューライム」より、はるかに上でした。ちなみに、スタバのコールドブリューライムは、ライムの輪切りが入っているのですが、あのライムって絶対国産じゃないですよね?防かび剤が心配で、コストコのライムを使ってデトックスウォーターを作るときは必ず、ツンツルンテンになるまで皮を剥いている私としては、大変気になります。

Alamedaのコールドブリューの美味しさは「家庭では出せない味」だと思いましたが、去年から購入し始めたコストコの激安コーヒー粉で水出しコーヒーを作ってみたら、あらら、Alamedaに決して引けを取らない美味しい水出しコーヒーができることが判明!

その激安コーヒー粉とは、「山本珈琲ヨーロピアンブレンド」。


通常価格でも1キロ968円とかなり安く、しかも結構な頻度で200円引きになっています。セールだと、1キロ768円という激安価格。

去年まで、360グラム入りで275円(税抜き)の業務スーパーのアイスコーヒー用の粉を買っていましたが、セール時の山本珈琲なら、その業務スーパーの粉よりも安い計算!

しかも個人的な好みになりますが、風味や香り、コクは、山本珈琲の方が断然上。

特に「アイスコーヒー用」とはされていませんが、深煎りでコクと苦みがしっかりしているため、アイスコーヒーにぴったりです。

水出しコーヒーの美味しい作り方は、とにかくコーヒー粉をケチらないこと!

説明書通りの作り方だと、1リットルでコーヒー粉80グラムと、とてつもない量を消費するので、ついつい60グラムとか70グラムとか、ケチりたくなるのですが、濃く淹れたアイスコーヒーは氷をたくさん入れれば薄くなりますが、薄く淹れたアイスコーヒーはどうやったって、濃くなりません!

濃いめに淹れて、氷やミルクで好みの薄さに調整することをオススメします。

わが家で使っているハリオの水出しポットの説明書には、「8時間抽出」と書いてありますが、わが家では1日ぐらい抽出して、とにかく濃いめに作っています。

1回作ると、飲みきるまでだいたい3~4日。量が少なくなってきたら、残りをペットボトルに移し替えて、また新しく作ります。ペットボトルを飲みきる頃にちょうど、新しいコーヒーが抽出されている計算です。

なお、ハリオのポットの場合、注ぎ口が結構広いので、ペットボトルに移すときは、めんどくさくても百均で売っている漏斗を使いましょう。超人的な集中力をもってしても、あの注ぎ口からペットボトルに移すのは至難の業です。コーヒーがドボドボこぼれます(経験者は語る)。

こうして淹れた水出しコーヒーは、コクも苦みもしっかり出ています。

おまけに、水出しの場合、カフェインが溶け出しにくいのもメリット。カフェインの摂りすぎを気にすることなく、冷たいコーヒーを存分に味わうことができます。

ただ、とにかくコーヒー粉の消費量が多いため、コストコで美味しいコーヒー粉を安く買えるのは大変助かります。

Alamedaのパック入りコーヒーを買うことを考えれば、どんなにたくさんコーヒー粉を消費してもずっと安いわけですから。

というわけで、まだまだ猛暑が続く毎日、ぜひコストコの「山本珈琲館ヨーロピアンブレンド」を使った美味しい水出しコーヒーで涼んでみてください。



コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


2019年8月3日土曜日

7月の食費まとめ~ブログネタとして面白がっている場合ではなくなってきた

7月の食費をまとめました。

コストコの1,400円もするキャラメルフランを2回購入したり、さらに2,400円もするガーリックシュリンプを購入したり、さらにさらに、2,700円(これでもケースに並んでいた中で一番小さいパック)もするアトランティックサーモンフィレを購入したりした上、楽天で業務用の焼き海苔を5,000円分も買いだめしたので、ある程度かさむことは覚悟していましたが……

5万9,366円!

年初来の最高値を更新してしまいました。

コストコ支出は、4回通って3万9,153円。全体に占める割合は66%。

これで、1月からの食費は

1月  51,447円
2月  43,875円
3月  53,726円
4月  51,642円
5月  58,317円
6月  54,126円
7月  59,366円

平均額は、5万6,746円。

当初の目標額4万2,000円は6月時点で達成できないと判断し、5万円に大きく引き上げたのですが、その5万円の目標額を1万円近く上回ってしまった!

自分の家計管理能力のなさに、さすがに危機感を覚えてしまう数字。

しかも、このブログで何度も書いているように、この食費には娯楽費に分類している外食費(7月分は5,000円)は含まれていません。

ブログネタとして「食費が高騰!」なんて面白がっている場合ではなくなってきました。

7月は仕事が猛烈に忙しく、「美味しいもの食べて息抜きしよう」と、スーパーでパックのお寿司を買ったり、「1日がんばったご褒美」と称して1個160円近くする高いアイス(グリコ「大人のジャイアントコーン」、お値段だけのことはある!)を買ったり、仕事のストレスと暑さで食欲が落ちてしまい一度に量を食べられなくなったのでちょこちょこつまめるおつまみ用の「鶏もも肉の炭火焼き」を買ったり…「ご褒美系」のちょこちょこ支出が結構な額に上ってしまったのも、食費高騰の一因。

誰だ、「自分へのご褒美」なんて耳障りのいい「言い訳」を世の中に広めたのは?

食費高騰のもう一つの要因は、私がスナック代わりに食べる焼き海苔。

もう何年も、楽天で業務用の安い焼き海苔を買っています。これが、全型100枚で1,700円ちょっと。賞味期限が3カ月ほどで、1回に3袋をまとめ買い。

コストコの「寿司はね」がセールの時に全型100枚分で1,900円ぐらいだったので買ったこともあります。送料を考えると価格的には、楽天とだいたい同じレベル。

味は、どちらも安いなりに頑張っている味で、強いて言えばコストコの寿司はねの方が塩気がきついかな?という感じ。

なお、楽天の業務用にはいろいろランクがあり、もう1つランクを上げると、海苔の厚みや香りもグンと上がるのですが、さすがにそこまで贅沢するのははばかられるので、「おにぎり用」の一番下のランクを買っています。

また、業務用は希望のサイズに切ってくれるサービスがあり、おやつ代わりに食べるには8枚切りが便利。


口さびしい時に「スナック菓子よりずっと健康的」と食べるクセがついてしまい、もう海苔中毒みたいになって海苔が手放せない状態で数年経ってしまいました。

1袋を1カ月ちょっとで消費するので、毎月の焼き海苔支出が1,500円ぐらい。

年を取るごとに、「これをやめたら支出が減るのに」と思いつつヤメられないものばかりが増えてきて、食費が全然減らせません。

収入が多くて家計に余裕があればもちろん、食費が6万でも7万でも全然問題ありませんが、統計データに基づいてはじき出されたマネーフォワードの「理想の家計」によれば、わが家の収入に見合った食費は「4万2,000円」。

本当の本当に、「食費が減らせない」と面白おかしく書いている場合ではなくなってきました。


本気で食費を抑制するには、コストコ通いをやめるしかない?

どうしましょう。


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村