2020年1月13日月曜日

コストコの新商品「チョコクレープロール」は、リッチな生チョコ風クリームとふんわりクレープの層が楽しめる欲張りスイーツ

2019年末にコストコに登場し、お正月期間中は姿を消していたものの、無事復活した「チョコクレープロール」。

その名の通り、クレープを何層にも重ねて間にチョコクリームを挟んだロールケーキです。

いわば、ミルクレープのロールケーキ版。お値段は、1本1,598円。


これが、予想にたがわず美味しかった!

ロールケーキの上には、ホイップクリームとココアパウダーがたっぷり。見た目も豪華です。


ふわっふわのホイップクリームは、脂肪分控えめで、ちょうどいいあんばい。ストロベリートライフルのホイップほどは、くどくありません。

切った断面図がこちら。


クレープが何層にも重ねられていることがよく分かります。


クレープの間にチョコクリームがぎっしり!

このクリーム、ちゃんとビター感も感じられるリッチな生チョコ風で、どこまでもなめらかな口溶け。

甘さ控えめな上、空気をたっぷり含んで口当たりがとてもいい!

ふんわりやさしい口溶けのクレープ生地ととてもよく合います。

口に入れると、クリームもクレープ生地も、ふわふわ~ん、ふわふわ~んと口の中で溶けていく感じ。

これは本当に美味しい!

コストコのスイーツでは、2019年2月に出た「キャラメル洋ナシタルト」が一番のお気に入りですが、チョコクレープロールは2番目のお気に入りとなりました。ちなみに、3番目はアップルノルマンドクリームタルトです。

ただ、このチョコクレープロール、何しろ直径が太いので、一切れがとても巨大になってしまいます。

甘さ控えめで口溶けがよいので一切れペロリといけてしまうのですが(そして、消化力の弱い私でも食べた後、胃もたれすることはなかったのですが)、何しろリッチな味わいなので、この半分でも十分満足できる感じ。

でも、薄切りにしてしまうと、何層にも重なり合ったクレープにフォークがどこまでもふんわりと沈んでいく感覚が存分に楽しめない。

というわけで、やや太めに切り分けた後で、見た目は悪くなりますが写真のように半分こにするとちょうどよい分量となりました。


なお、賞味期限は4日と長め。

帰宅後すぐに食べた時、中心部がちょっぴり冷たくてシャリっとした舌触りだったので、おそらく冷凍保存されていたのを店頭に並べているような気がします。

味は少々落ちるかもしれませんが、冷凍しても大丈夫かも?というわけで、2切れはコストコのプレスンシールでしっかり密閉して冷凍庫に入れました。もし、再冷凍・再解凍でいちじるしく味が落ちるようだったら、またブログで報告します。



このチョコレートクレープロール、同時期に再販されたモンブランバーケーキとは違ってコストコのメルマガでは紹介されていないので、ひょっとすると店舗によって出たり出なかったりがあるのかもしれません。(後日追記:その後ネットで調べたところ、1月3日のメルマガには掲載されていたようです。なぜか私のところには、1月3日のメルマガが配信されていませんでした)

ミルクレープや生チョコクリームがお好きな方は、見つけたら即買い!を強くオススメします。

コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村