2021年4月9日金曜日

ごめんなさい、返品します~コストコ新登場の「マルコメ 大豆のお肉のバーガーパティ」

コストコに新たに大豆ミート商品が入荷しました。その名も「大豆のお肉のバーガーパティ」。みそで有名なマルコメさんの商品です。


コストコフードコートのソイパティを使ったガーデンバーガーの美味しさに、大豆ミートの進化をまざまざと感じていた(過去記事:コストコでお買い物~悲劇!グレードアップ版ティラミス終売/フードコートのガーデンバーガーを初トライ!そのお味は?)ので、ぜひ試してみたいと思っていた商品です。

10枚1,998円、1枚当たり200円弱と決して安くはありませんが、化学調味料を一切使っていないので、割高になるのはいたしかたないところ。

原材料を見ると、赤ワインや米みそ、こんぶ、干し椎茸でうま味を出しているようです。なお、化学調味料は不使用ですが、酵母エキスが添加されているので、気になる方は要注意。

このパティ、私が購入した時はちょうど試食が出ていて、4分の1サイズに切ったバンズに挟まれたミニバーガーとして供されていました。

一口食べてみて、「あ、ガーデンバーガーのソイパティと違う」と少しがっかり。試食係の人にも確認しましたが、ガーデンバーガーのパティではないそうです。

ガーデンバーガーのソイパティは、いかにも肉らしい繊維まで再現されていましたが、マルコメの大豆パティには、そういう繊維感はありません。

肉の再現度は、ガーデンバーガーの方がかなり上。

でも、味は、昔のいかにも「ダイズダイズ」していたソイミートと比べると、驚くほどの進化。

ただ、このときにもっと注意を払うべきだったのですが、噛みしめたときの舌触りが「ニッチャニッチャ」した感じ。

使われているバンズがすごくフワフワだったので、そのせいかな?バンズがニッチャニッチャするのかな?と思い、夫も「まあ、試食の調理だから、その程度では?」という意見だったので、一抹の不安を残しつつ購入しました。

調理方法は、電子レンジで50秒~1分か、フライパンで油をひかずに片面1分ずつ焼くだけ。
なお、温めなくてもそのままでも食べられるそう。


パティをフライパンで温めて、一緒に購入したカントリーフレンチでサンドイッチを作りました。

具には、コストコの冷凍アボカドなど。


こういう「ちょっと使い」するのに、予めスライスされた冷凍アボカドがあると便利ですね。

アボカドがツルンと落ちそう。毎度ながら、やる気のない写真でごめんなさい……

そして、一口がぶり。

う、うーん。

「美味しい!」とは言えない。

夫は、「よくできた大豆ミートのパティで、悪くないんじゃない」という感想でしたが、私の舌には、残念な仕上がり。

一番残念だったのは、ファーストインプレッションの「ニッチャニッチャ」した食感が、試食のバンズのせいではなく、この商品自体の食感だったこと。

ガーデンバーガーのパティは、非常にハイレベルであったことを実感させられてしまいました。

おまけに、パティの味がはっきりしすぎていて、カントリーフレンチのサワーな味と合わない。これはやっぱり、もっとシンプルな食パンやバンズの方が合いそう。

がっかりしつつ、単体で口に運んでみて、ようやく気付きました。というか、原材料に、「米みそ」が使われている時点でもっと早く悟るべきでしたが、このパティ、かなりはっきりしたみそ系の味。脳裏に浮かんだのが、もろきゅう。


それなのに、サワーなパンに挟んだ上、さらにサワーなハインツのサワーなレリッシュと合わせてしまったのが、敗因だったのかも?


おまけに私は、みそ汁は好きですが、みそ味の味付けというのがあまり好みではありません。

さらに、和風の甘い味付けも好みではなく、レシピに「砂糖」と書いてあっても入れないか、勝手にみりんに置き換えてしまうぐらいなのに、このパティにはしっかり「砂糖」も入っています。

というわけで、失敗したなあ、1枚200円弱もするのにこれは買わない方がよかったかなあ、と後悔しつつ、お昼ご飯として食べた時点では、「味付けが和風だから、ライスバーガーにしたら合うかも?」などとリカバリー策を練っていたのですが……

夜、サンドイッチで食べきれなかったパティを単体で食べたところ、舌にものすごい苦みが残ってびっくり。

実はこの苦み、昼ご飯時にも感じていて、その時はこのパティのせいだと思わず、一緒に飲んだみそ汁のせいかと思っていました(サンドイッチにみそ汁かい!というツッコミがありそうですが、朝ご飯を作った時は昼もご飯食のつもりだったので、その残り。そういうことってありますよね?ね?)。

夫に「なんか、このみそ汁苦いよね?」と確認するも、「え、苦くないよ」と言われ、具に入れた大根の苦い部分が当たったのかと思っていたのですが、原因が大豆パティだったことが判明!

夫は全く苦みを感じていないので、これは私だけの味覚の問題。

実は私は、かなりの食物アレルギー持ち。喉がイガイガしたり、ひどいときはかなり長時間にわたる腹痛に襲われます。舌の苦みは、大豆パティの何かにアレルギー反応を起こしているっぽい。

大豆や味噌でアレルギーを起こしたことはないのですが、「体にいい」とされるぬか漬けで2度もアレルギー性の腹痛を起こしたことがあり、手作りしていたぬか床を処分しました。





というわけで、ごめんなさい、これは返品します。

私の舌には、好みとアレルギーの二重の意味で「合いません」でしたが、夫はベジタリアンミートとしては評価していたので、和風の甘めの味付けがお好きな方は気に入るのではないでしょうか。


 コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

2021年4月7日水曜日

コストコでお買い物~まるでミニバー!見た目も素敵なリカーチョコが入荷

コストコ尼崎店に行ってきました。

今回のお目当ての一つは、カークランドシグネチャーのフードラップでしたが、まだ入荷なし。あと、つくば倉庫店で再入荷との情報のあった「WMFフュージョンテックミネラル マルチポット」も、お友達用に確保したかったのですが、入荷しておらず。

つくば倉庫店では、フードラップもマルチポットも入荷しているらしいので、尼崎にもそのうち出回ることを願います。

ちなみに、つくば倉庫店ではフードコートが店内復活しているようですが、尼崎ではまだ屋外フードコートです。

コロナ騒動が大きくなる1年ちょっと前までの、あの、人でぎっしり埋まっていたコストコのフードコートは、もう見る影もありません。

数十回は利用した懐かしのフードコートが復活するのは、いったいいつになるんでしょうか。

フードコートは復活していませんが、試食はだいぶ復活しています。

今回は、新商品のマルコメの「大豆のお肉のバーガーパティ」が試食に出ていました。


ひょっとして、フードコートのガーデンバーガーのパティかな?と思ったのですが、試食係の方によると、フードコートのものとは違うそう。

試食は、4分の1サイズの可愛らしいミニバーガーとして供されていました。

試食してみたところ、フードコートのパティの「肉肉しさ」にはかなり及ばない。でも、まあ大豆ミートのパティとしては、悪くない。

一つ気になったのが、食感がえらく「ニッチャニッチャ」すること。これは、バンズがふわふわのせいかな?普通のパンで挟んだら大丈夫かな?と判断して購入して帰ったのですが、ファーストインプレッションをもっと大切にするべきでした。なんのための試食だったのか……後日書きますが、ごめんなさい、返品します。

今日の最大のお目当て品は、リカーチョコレート!神戸倉庫店の情報を発信していらっしゃるmarron-royさんのブログで拝見して、2,000円超えというお値段にかかわらず、絶対に買いたかった商品です。


2,378円というお値段のチョコレートは、わが家史上、おそらく最も高額。でも、64個も入っているので、1個当たりにすると40円。

このパッケージがまた、よくできていて、パカッと開くとまるでミニバーみたい!


可愛すぎる!ミニチュア好きさんには、たまらないですね。


ジムビームやコアントロー、レミーマルタンあたりは、よく知られているブランドだと思いますが、「ソビエスキー」とか「ドランブイ」とか、日本ではあまりメジャーでないブランドも入っています。

あと、イタリアの「ガリアーノ」も、それほどメジャーではないと思いますが、実はわが家には今ちょうど、ホンモノのガリアーノがあります。

ちなみにガリアーノは、アニスやバニラ、ジュニパーベリー、シナモンをはじめ30種以上のハーブとスパイスが香るリキュール。ボトルが非常に特徴的。


せいたかのっぽ。

この形状のせいでめちゃくちゃ、保管場所を取ります。なのに、アニス好きの夫が「安かったから」とネットで4本もまとめて購入。思わず、「こんなジャマなボトル4本も買ってどうするの!」とキャイキャイ責め立ててしまいましたよ。

バニラアイスにかけたりコーヒーに入れたりすると、とても豊かなアニス風味が楽しめます。

リカーチョコのパッケージのロゴは、ホンモノにかなり似せてあります。なかなかの再現度ですね。



チョコレートのパッケージに、上手な食べ方がイラスト入りで書いてあります。


1 えらぶ
2 むく
3 かじる
4 のむ
5 たのしむ

ですって!なんだかかわいいですね!

指示通り、むいて、かじって、のんで、たのしみました。


結構な量のリキュールが入っていて、ダークなチョコレートととてもよく合います。

一般的なリカーチョコレートのようにボトルの内側がシュガーコーティングされておらず、チョコレートだけなので、ビター感がより強いです。砂糖のジャリジャリ感もありません。リキュールだけでなく、チョコレート単体のレベルが高い感じ。

8種類も入っているので、食べ比べてみるのも楽しいです。

とても気に入りました。

賞味期限は来年初めまでと余裕がありますが、やはり真夏は劣化すると思いますので、気になる方はお早めにゲットすることをお勧めします。

以前から気になっていたものの千円超えというお値段に尻込みして手が出なかった、「Love Crunch」というグラノーラに300円引きのクーポンが出ていたので、この機会に買ってみました。


パッケージの窓の部分がハート型になっています。可愛いですね。

なんでも、このメーカーを創設したファミリーの一族の結婚式でゲストに振る舞うために作ったグラノーラがとても好評で、そのレシピを商品化したんですって。

パッケージには、「ダークチョコレートと香り高いベリーがお好きなあなた、きっと『一口惚れ』(love at first bite)しちゃうわよ」と書いてあります。ちなみに、love at first biteは、love at first sight(一目惚れ)に引っかけてあって、英語だとbite(バイト)とsight(サイト)と韻を踏んでいてなんともおしゃれ。

ベリーは、フリーズドライ。サクフワっとした食感。


ミルクなどをかけると、ベリーが復活するような気がしますが、私はグラノーラは、そのままスナックとしてボリボリ食べる派!

このグラノーラは、結構大きなチャンクも入っていて、グラノーラというよりは美味しいオーツクッキーを食べているみたい。

手が止まらなくなる美味しさです。





今回、マロンドールかぼちゃが2個500円に値引きされていました。

丸ごとのカボチャは、半分に切るのにフンスカ格闘しないといけないので、普段は半分に切ってあるものしか買わないのに、あまりの安さに勢いで買ってしまいました。2個も。夫婦2人で食べきれるのでしょうか。


これって、食べ物ですか?と疑いの目を向ける白いわんこさん。

トリミングから帰ってきたときはいつもこの場所で写真を撮って、撮影後におやつをもらえることになっています。

今回、リカーチョコの写真を撮ろうとしたら、すごい勢いで入り込んできて「ボクを撮影しましたね?モデル料をいただきますよ」と恐喝おねだりしてきました。

撮り逃げは許しません!



コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

2021年4月3日土曜日

コストコ再入荷の情報をキャッチ!「WMFマルチポット」はこびりつきにくいのも魅力!使ってみて感じた欠点もご紹介 

前回、「コストコで買って最もよかった商品ナンバーワン!」としてご紹介した、「WMFフュージョンテックミネラル マルチポット」。



記事をアップした時点では、コストコでの販売は終わっていましたが、つくば倉庫店の情報を発信していらっしゃるさつきさんによれば、なんと再入荷しているそう!

購入を迷っていらっしゃる方は、ぜひ、このブログの過去記事を参考になさってください。



WMFマルチポットの魅力はいろいろありますが、私にとっての魅力のナンバーワンは何よりも「揚げ物がラクに、美味しくできる」こと!

以前は、小型電気フライヤーを使っていましたが、口が広くて油が周囲に飛び散るので、新聞紙で壁をガードしたりと手間がかかっておっくう。引っ張り出すのは1年に1回あるかないか。

それが、マルチポットなら口が狭く、しかも深さが十分にあるので、油の飛び散りが全然違います。また、調理台ではなくガスレンジのレンジトップで調理できるので、あとのお掃除が断然ラク。

わが家のガスレンジは、温度調節付きなので、電気フライヤーと同じ感覚で使っています。

手間が少ないというだけでなく、マルチポットは、ものすごく上手に、美味しく揚がります。これは、夫も同意見。

電気フライヤーは、「揚げ物の手間」>「揚げ物の美味しさ」でしたが、
マルチポットは、「揚げ物の手間」<「揚げ物の美味しさ」。

手間が全然、苦にならない美味しさ。

鍋が小さく深いので、少ない油でちゃちゃっと、しいたけや玉ネギ、ごぼう、コストコで買い置きしたタイのお刺身やタラフィレなどを揚げて、うどんに添える、なんてことも、全くおっくうに感じなくなりました。

また、電気フライヤーは水洗いできないタイプのものだったので、ベタベタの油を拭き取る作業が必要でしたが、マルチポットならもちろん水洗いできるので、お手入れもラクチン。

食洗機対応なので、洗い物は食洗機に任せてしまう手もあります。

いろいろ揚げ物にチャレンジする意欲がわいてきて、先日はあこがれの英国料理「フィッシュ・アンド・チップス」に挑戦しましたよ!

フライドポテトは、じゃがいもから手作り!50年近く生きてきて、初めてのこと!


タラのフライは、もちろんコストコのタラフィレを使いました。コストコのタラは、身がしっかりしていて崩れにくいので、揚げ物にも向いています。

衣の残りで、オニオンリングも作りました。冷蔵庫に残っていた半分の玉ネギを使ったので、「オニオンリング」ではなく「オニオンスティック」みたいになってしまいましたが、味はちゃんとオニオンリング!

揚げ物がラクにできることのほかに、ちゃんと芯を残した本格的なリゾットが手軽にできることも大きな魅力。


写真は、コストコで去年から激安価格で出ているお刺身用の真鯛さくの残りを冷凍しておいて作った、アスパラとタイのリゾット。

こびりつきにくいコーティングがされているので、もちろん後片付けもラクです。

この「こびりつきにくい」特長のおかげで、具材を炒めてからスープやポトフにする場合にも大活躍。

サルシッチャをじっくりにじみ出てくる脂でとことん焼いてからポトフにしたら、とっても美味しかった!


サルシッチャは、普通にフライパンで焼くと、どんどん美味しい脂が流出してしまってもったいないので、私は脂のうま味も生かせるポトフの方が好みです。


写真のサルシッチャは、コストコのものではありませんが、今週はコストコのイタリアのサルシッチャがクーポン価格になっているので、買ってみるつもりです。

ホーローとちがって、マルチポットは少々強火で炒めても、焦げ付きません。

具材がひっついたら、シリコンのヘラでこそげてやると、つるんと剥がれます。

ちなみに、わが家は無印良品のシリコンスプーン(大)を愛用中。


このスプーン、鍋底を傷つけることなく、本当にスルンスルンとこびりつきを取ってくれますよ!

と、私にとってはいいことだらけのマルチポットですが、唯一最大の欠点は、結構重いこと!

重い鍋が苦手な方は必ず、コストコ店頭で重さをじっくり確認することを強くオススメします。

その際、普通の片手鍋のように取っ手が水平についているのではなく、垂直についていることにもご注意を!

取っ手が水平の鍋よりも、持ち上げるときに力が要ります。


さらに、取っ手の裏側のネジ穴も、要注意です。


鍋が重いので、握力と腕力があまりない私はついつい、重さを和らげようとハンドルの先ではなく根元を持ってしまうのですが、そうするとこのネジが指に当たって痛い。

この鍋を使い始めたときは、これがすごく不満で、「失敗したかも」と思ったほど。

あと、IHをお使いの家庭なら問題ないと思いますが、ガスレンジの場合、この取っ手の位置ゆえ、鍋底からはみ出るような強火にしないように注意する必要があると思います。

と、注意点もありますが、少人数世帯には本当にマルチに活躍してくれるオススメの鍋です。





最初の頃は、重いので洗うのがおっくうで、夫にお願いしたりしていましたが、使い込むうちに「愛い奴よのう……」と愛着が増してきて、最近は、少々重くても私が洗ってピカピカにしてやろう、という気になるほど。

コストコ価格は、WMF直販サイトよりも7,000円近く安いので、興味を持たれた方はぜひこの機会に店頭で手に取ってみてくださいね。



コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村