2021年9月26日日曜日

コストコ最安伝説の終焉~アイリスの薄型ペットシーツは直販サイトがお得!

わが家で長年愛用している、アイリスオーヤマの薄型ペットシーツ。ずっとコストコで購入していました。240枚入りで、時々開催されるペットフェアでは1,200円弱ぐらい。普段も1,450円ぐらいだったのですが……


去年ぐらいからでしょうか、あれよあれよという間に値上がりして、240枚1,588円に。さらに、以前は4~5ヶ月おきだったペットフェアの開催も間遠になってしまいました。

アイリスオーヤマの直販サイト「アイリスプラザ」で調べたところ、クリーンペットシーツ自体は、コストコで買う方が圧倒的に安いものの、ネット限定の「超薄型 ペットシーツ レギュラーサイズ」(クリックするとアイリスプラザの商品ページに飛びます)というのがあり、そちらは今年3月時点で800枚入り4,488円(税込み、送料無料)。

コストコのクリーンペットシーツは、220枚1,588円の場合1枚6.6円。

直販サイト限定の超薄型ペットシーツは、1枚5.6円。

しかも、直販サイトは、ポイント制度があって、4,488円購入で224円のポイントバック。11日・22日にお買い物すると、ポイントが2倍に。

お値段を比べると、直販サイトの方が安い。

気になるのは、商品の質。ということで、お客様窓口に「クリーンペットシーツとの違い」を問い合わせたところ、

-サイズと素材は、同じ
-ネット限定のペットシーツは、高吸収ポリマーで水分をゼリー状に固形化

という回答をいただきました。

水分をゼリー状に固形化してくれるということは、全然悪くないというか、むしろクリーンペットシーツよりよいかも?ということで、ネット限定商品を購入したところ、予想通り、全然悪くない!

わが家は、犬にお留守番させることが少なく、トイレを使用する度にこまめにペットシーツを取り替えています。だから、ペットシーツは、厚型よりも薄型の方がゴミが少なくてありがたい。さらに子犬の頃に使っていた大きなケージをトイレにして、ペットシーツを4枚敷き詰めているので、1枚当たりの吸水力は問題にしていません。

クリーンペットシーツの時も、吸水力が気になったことはなかったのですが、ネット限定商品も全く問題なし!むしろ、ポリマーのおかげか、水分がしっかり閉じ込められている感触すらあります。

というわけで、今年の3月からネット限定商品に切り替えていたのですが、つい最近、ストックを購入しようとして、なんと、値下がりしていることを発見!

以前は4,488円だったのが、税込み・送料無料で3,980円になっている!

このお値段だと、ポイントを無視しても、1枚4.975円!

この値下げが期間限定なのかどうかは分かりませんが、コストコのクリーンペットシーツが値上がりしちゃってウーン、という方はぜひぜひ、この機会に試してみて下さい。

さらにさらに、9月27日9:59までの有効期限で、アプリリニューアル記念の500円クーポンが使えます。

ただ、200枚入りが一気に4袋届くので、保管スペースの確保は必須。


あと、800枚のペットシーツの入った段ボールは、めちゃくちゃデカくて重いです。

マンション住まいの方は、配送オプションで「宅配ボックス不可」を選んで、玄関口まで運んでもらうことを強くオススメします。不在で受け取れずに宅配ボックスに入れられた日には、そりゃもう往生しまっせ。





そうそう、クリーンペットシーツのパッケージは、以前はダックスフントでしたが、リニューアルしてトイプードルに変わりました。


わが家の白いわんこさんもトイプードル(サイズ的には、ミニチュアサイズ)なのですが、テディベアカットではなく、お顔(マズル)が長いので、全然違う犬種みたいに見えますね。

おねだり~の変顔をすると、もう、何が何だかわかんない生き物に変身。


なお、白いわんこさんがトイレに入ったらすぐ分かるように、わが家ではペットカメラをトイレのところに取り付けています。白いわんこさんがトイレに入ると、スマホを鳴らしてくれるので、すぐに駆けつけられる仕組み。

スマホでカメラを遠隔操作して、グルリとお部屋の中を見ることもできます。お留守番中の様子も確認できるので、重宝しています。

今は、こんなカメラが3,000円ほどで手に入るのですから、ずいぶん便利な世の中になったと思います。




感度がよすぎて、ちょっと前を横切っただけでも、スマホがピコンピコン鳴るのが欠点です(めんどくさがらずに、接続オフにすれば良いだけの話)。

コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

2021年9月5日日曜日

ギッチギッチ激混みのコストコ尼崎でお買い物~アメリカ産のプラムを初購入!

久しぶりに週末に、コストコ尼崎店に行ってきました。

最近ずっと、激混みの週末を避けていたのですが、9月から営業時間が20時まで延長になったこともあり、少しは人混みが分散されて混雑が緩和されているかと期待していったのですが……

甘かった!

8時17分に到着したら、遅すぎました。

2F駐車場のエスカレーター入り口の検温コーナーには、検温待ちの行列。店内からは早くも買い物を終えて出てくる人の姿もあり、一体何時から開いていたんでしょう?

今週末は人気商品のカークランドシグネチャーのバスティシューが値引きされていることもあり、人が押し寄せたのかもしれません。

みなさん、カートにバスティシューを入れておられました。

ちなみにわが家は、バスティシューよりずっと安い、シングルのコアユース一択(過去記事:コストコの「安い方」のトイレットペーパーがリニューアル~さらにお得に、さらに薄く)。

あまりにも混雑がひどかったので、ゆっくり見て回る雰囲気ではなく、お買い物はもっぱら必要な品をポイポイカートに入れていくだけとなりました。

ちょっと事務的なお買い物になってしまいましたが、大満足の初購入品もありましたよ。

それがこちら。フレーバー・ファーマーという会社のプラムです。1パック907g入り980円でした。同じ会社のホワイトネクタリンは毎年買っていますが、プラムを見つけたのは初めてです。


実は私、日本のソルダムなどのすももが好きではありません。歯が悪いせいもあって、あの皮の酸っぱさとキシキシ感が苦手。

皮を剥いたらかろうじて食べられるのですが、それなりにお値段の高い果物を「酸っぱい酸っぱい」と文句を言いながら食べることもなかろうというわけで、プラムはもっぱら夫用に購入しています。


今回もそのつもりだったのですが、切ってみて、その真っ赤な実のみずみずしさにほれぼれ!


思わず、一切れ口に入れてみてびっくり!全然酸っぱくない!皮がキシキシしない!むしろ、シャクシャクっと小気味のよい歯触り!皮まで美味しいと感じたすももは、初めて。


ソルダムのような、ツンとくる酸っぱさは全くなく、ほんのり爽やかな酸味。

甘みも、日本の桃やコストコのホワイトネクタリンのような、ねったりした甘さではなく、ほんのり爽やか系。

糖度の高い果物がお好きな方はちょっと物足りないかも?

私は、またリピ購入したいぐらい気に入りました。

(後日追記:少し硬めのを食べたら、同じものかというぐらい、かなり酸味が強かったので、酸味は個体や熟し具合によって違うかもしれません。ただ、酸っぱいのが苦手なのになぜか、このプラムは酸っぱくても美味しく食べられました)

買ってきた時点で、すでに追熟が不要な感じだったので、全部野菜室に入れて保存していますが、調べてみたところ、少し室温に置いて追熟させてもよいそうですよ。

野菜室でも少しずつ追熟するそうなので、この季節は野菜室の方が無難かもしれません。



他には、銀鮭フィレが100g98円のクーポン価格になっていたので購入。


切り身は、100g138円。40円も違うと、かなりの価格差になります。解凍して切ってもらうだけで、こんなにお値段が違うとは。

以前は、フィレと切り身は、100g20円差ぐらいだった気がするのですが、コストコの人件費が上がっているのでしょうか。

私が購入したのは1,400gほどのフィレなので、切り身で購入した場合の価格差はなんと、560円!

ただ、フィレで購入した場合、半解凍状態になるまで待って、自分で解体しなければなりません。この作業が結構大変。


皮が硬いので、キッチンばさみは必須です。手が疲れます。手間の少なさと切り身の見た目の美しさを優先する方は、切り身を買いましょう。

おフランスのポテトチップスが入荷していたので、2回目の購入(過去記事:コストコでお買い物~ダメ!ゼッタイ!止まらない!フランスのポテトチップスBretsは悪魔的な美味しさ)。


コクのあるチーズとザクッとしたポテトのコンビネーションが素晴らしく、手が止まらなくなるので買わないでおこうと思ったのに、また買ってしまいました。

大きな保存容器にザラザラッと開けて、袋の残りは、使うのがものすごくめんどくさいフードシーラーで密封。

こうしておけば、また開封して密封する手間がめんどくさいから、ちょっとずつ食べるはず!と思ったのですが、Bretsの悪魔的な美味しさの前に、そのようなこざかしい小細工は一切通用しなかった。


この保存容器には、カルビーのポテトチップ2袋分ぐらいの量を入れたのに、昨日のお昼から今日の夜までの間にほぼ食べきってしまいました。

「あとちょっと、あとちょっと」と手が出てしまいます。

上の写真を撮りながら、またつまんじゃった。

ただ、このポテトチップ、袋の最後の方になるとなぜか、すごくしょっぱくなるんですよね。

塩などの調味料が底の方にたまるのかも?今回もしょっぱくなるようなら、軽くキッチンペーパーで表面をぬぐって食べようと思います。


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

2021年8月27日金曜日

どうやっても美味しく食べられなかった!コストコの「縞ホッケ開き」

肉料理よりも魚料理の多いわが家では、コストコのシーフードを大変重宝しています。

アトランティックサーモンをはじめ、銀鮭に紅鮭、タラ、しらす、カツオたたき、塩さばフィレ、冷凍ホタテ(ジャンボサイズとベビーサイズ)、むきえびなどは、ほぼコストコでしか購入しません。

たいてい一般スーパーよりも単価が安い上、価格に対するクオリティも高いように思います。

特にタラは、肉厚で身が崩れにくく、もう他では買う気がしないほど。ここ5、6年で2回、見た目が美味しそうだったり値段が安かったりという理由でスーパーでタラを買ってムニエルにしたところ、2回とも身がグスグスに崩れて後悔しました。コストコのタラは、身に弾力があるおかげか、ずぼらな私が少々雑に扱っても全然身が崩れません。何より、味の濃さはコストコ商品が抜きんでているように思います。

が、その「コストコのシーフード無敵」伝説が先日、ついに破れてしまいました。

伝説に幕を引くこととなったシーフードは、アメリカ産縞ホッケ開き3枚1,280円。


購入時に記事にしましたが、ものすごくジャンボです。そして、肉厚です。こんな大きなホッケは初めて見たというぐらいのサイズ感です(過去記事:コストコでお買い物~超巨大ホッケを購入、大きいことはいいことか?)。

1枚目はシンプルに魚焼きグリルで焼いてみたところ、味が薄い。水っぽい。うま味は、どこか遠くの方で感じられるけれど、どっと舌を攻めてくる感じがしない。

塩気が薄いせいもあるのかと、甘みの強い牡蠣醤油をかなりジャブジャブ注いでも、うま味が引き出されない。

この年になると、「大きいこと」や「多いこと」よりも、「うま味が濃い」ことの方に価値を感じます。

シンプルに焼くだけではうま味が薄かったため、2枚目は、片栗粉をパタパタとはたき、にんにくで香り付けしたオリーブオイルで焼いてみました。


が、調理途中、魚が焼けてくる香ばしい香りというものがほとんど感じられず、不安になって「味を濃くすればよいのよね」と、仕上げにみりんと牡蠣醤油を投入して煮詰め、甘辛い味をからめてみました。

けれども、残念、なぜか甘辛味がしっかりからまず。

この「仕上げにみりんと醤油を投入する」やり方は、今年の夏にネットで検索して覚えた「なすのガーリック醤油焼き」のレシピを応用したのですが、なすとホッケでは、味のなじみが違うのでしょうか。教えて、ママン。

そしてやはり、オリーブオイルで焼いても、うま味が引き出されることはなかったのでした。



 


何がいけないのか?とネットを検索したところ、「ホッケのムニエルの奥義」を紹介されているサイトを発見!(参考サイト:茶髭の熊のブログ「ホッケはムニエルに限る」)

最初の注意事項として、使うのは「生の真ホッケ」であって、干物や冷凍物は厳禁とのこと。

とはいえ、手元にあるのはいったん冷凍して解凍した縞ホッケなので、この注意事項は無視。

次の注意事項は、「皮は絶対外すこと」。特にホッケになじみのない場合は、皮は外さなければならず、「完全なる解体が旨さと食べやすさの秘訣」とのこと。

あちゃー!ひょっとして、甘辛味もガーリック風味も浸透しなかったのは、皮を外さなかったせい?ホッケの皮は、なめしたら何かに使えそうなぐらい頑丈ですものね。


というわけで、最後の3枚目は、メシメシと力を入れて皮を外しました。「奥義」では、骨も外すとありましたが、すごく硬くて外れなかったので、これは無視。


3番目の注意事項として、牛乳に30分くらい浸して臭みを抜くとありましたが、牛乳を飲まないので、これも無視。ホッケの臭み抜きのためだけに牛乳を買う気がしない。

まあ、こういう「これも無視、あれも無視」っていうのをやるから、料理がいつまでたっても上達しないのかもしれません。

4番目の注意事項は、「身の裏表に日本酒とみりんをスプーンで塗る」。これ、全然知りませんでした。なるほど、なるほど。

こうして、下準備を終えて小麦粉をはたき、フライパンにオリーブオイルを投入していざ焼こうとして気が付いた!

塩こしょうをしていない!!!

奥義の5番目に、「塩・こしょうで下味を付ける」と書いてあったけれど、他の注意事項は赤字で書いてあったのに、5番目だけは赤字ではなかったので、スルンと見逃してしまいました。

悔やんでもどうしようもないので、小麦粉の上から塩こしょうを振りかけ、そのまま焼きました。。


野菜が高騰している時期で、あいにく彩りになる野菜がなかったので、ものすごく見た目のバランスの悪い仕上がり。バジルの葉っぱを飾れば、少しはお洒落になるのではないかと期待しましたが、なりませんでした。小手先ではどうにもならないレベル。

でも、皮を剥いだおかげで、皮付きの時よりずっと上手に焼き上がりました。また、オリーブオイルとのなじみはよくなりましたが、ちゃんと塩こしょうをしなかったせいか、やはりぼんやりぼやけた味。

こうしてコストコの3枚のホッケはいずれも、「大味で物足りなかった」という感想で終わってしまいました。

後日、スーパーで北海道産ホッケの開きを見つけて、購入してみました。2枚で300円。コストコのホッケが、夫婦1人で1枚食べて400円だったので、スーパーの方が安い。


上のコストコのホッケの写真と比べてみてください。大きさはコストコの2分の1ぐらい。


コストコのホッケが、1匹でグリルに入りきらないほどだったのに対し、スーパーのはシッポを切り落とさなくてもグリルに楽々2枚並べて入れられました。

身の厚さは、コストコのとは比べものにならないほど薄い。コストコのは、身がホクホクで身離れがよかったけれど、こちらは箸でほじらないと身が剥がれてこない。


でも、干物らしいきつめの匂いと塩気は、ご飯のおかずにぴったり。私は特に干物好きではありませんが、コストコのより、しっかりうま味を感じました。

というわけで、値段の点でも、「食べる分だけ」買えて冷凍保存不要という点でも、ホッケに関してはわが家では一般スーパーに軍配が上がったのでした。



 
なお、コストコ商品を紹介していらっしゃるブログをちらほらのぞいたところ、みなさん一様にコストコのホッケを高く評価していらっしゃいました。生鮮商品なので当たり外れがあったり、焼き方や調理の仕方によって味に違いが出てきたりとすることもあると思います。

あくまでも、ホッケを食べ慣れていない、料理スキルの高くない個人の感想として参考になさってください。


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村