2019年11月18日月曜日

コストコの新商品「ナッツアンドシードバター」は、ねっとり濃厚で素朴な味わい

先週のコストコショッピングで、パンのお伴にぴったりの新商品を見つけました!

カークランドシグネチャのナッツアンドシードバターです。メイド・イン・USAで、お値段は765gで1,080円。


英語名は、Kirkland Signature Mixed Nut Butter。つまり、ミックスナッツバター。

アーモンドとカシューナッツのペーストに、最近の健康志向を反映してか、パンプキンシード、チアシード、フラックスシードの3種類のシードが入っています。

砂糖や塩分は一切添加されておらず、原材料はナッツとシードのみ。

アーモンドはビタミンE、カシューナッツは鉄分が豊富で、さらにスーパーフードと呼ばれるチアシードとフラックスシードも加わっているので、とってもヘルシー。

粘度は、一般的なピーナツバターよりは柔らかい感じ。ただ、ごまペーストよりは硬め。中に見えるつぶつぶは、シードです。結構、たくさん入っています。


色はピーナツバターに似ていますが、ピーナッツは含まれていません。

容器のアレルギー情報によれば、「peanut-free facility」(ピーナッツを扱っていない工場)で生産されているそうです。したがって、ピーナツアレルギーの人は食べても大丈夫。

ただし、工場内では他のツリーナッツ(木に成るナッツ)も加工しているそうなので、たとえばクルミやヘーゼルナッツにアレルギーがある人は要注意です。

パッケージには、「ジャーから直接食べる以外にも、フルーツや野菜のディップとしても、トーストのスプレッドとしても美味しいですよ」と書いてあります。

オススメの食べ方その1に従い、スプーンですくって直接食べてみたところ、コクのあるナッツの香りが口いっぱいに広がる、素朴でナチュラルな味わいでした。

ただ、ものすごく濃厚でねっとりしているので、口の中がもそもそして飲み込むのに四苦八苦します。最初から大きなスプーンでペロリとやるのではなく、まずは小さなさじでチャレンジすることをオススメします(経験者は語る)。

シードの含有量も多いので、ねっちゃねっちゃプッチプッチという食感です。

一番美味しい食べ方は、やっぱりトーストに塗ること。コストコの21穀オーガニックパンにめちゃくちゃよく合います。食物繊維もミネラルもオメガ系オイルもたっぷり取れる、プチプチ食感の楽しい欲張りヘルシートーストの出来上がり。


写真は、メープルシロップと混ぜて塗ったもの。

夫はそのままでも十分美味しいと言っていましたが、個人的には、メープルシロップと混ぜて甘みを足した方が格段に美味しく感じました。

また、とろりとしたメープルシロップと混ぜることで、ねっとり感が緩和されて食べやすくなります。ハチミツと混ぜてもよさそうです。

砂糖も塩分も無添加なので、ごまペーストのように料理にも使えるのでは?と思いましたが、何しろ粘度が高い。バルサミコ酢と混ぜて、ごぼうの和え物にしてみましたが、素材とうまく絡みませんでした。

和え物にするよりは、ディップのように、野菜にちょこっと付けて食べるのに向いているように思います。


常温保存が可能で、開封後も特に冷蔵しなくてもよいようです。

日本語表記には「直射日光を避け、常温で保存」「開封後は、お早めにお召し上がりください」とのみ書いてあり、開封後要冷蔵という文言は見当たりません。

英語表記は、保存について一切の言及なし。「開封後のピーナツバターが要冷蔵なのはアメリカでは常識だよん」ということで書いていないのか、本当の本当に冷蔵不要なのか。



気になって調べてみたら、なんと、ピーナツバターで有名なスキッピーのサイトに「開封する前でも後でも、室温で保存することをおすすめします」と書いてありました!

冷蔵すると風味は長持ちするものの、簡単に塗ることができなくなるそうです。さらに、冷やしすぎはよくないので冷凍庫には保存しないでください、とも。

ピーナッツバターが常温保存でいいということは、ナッツバターも常温保存でいいんですね。

スキッピーのサイト:http://www.peanutbutter.jpn.com/faq

スキッピーのサイトを見ていたら、久々にあのクリーミーなピーナッツバターも食べたくなってきました。

冷蔵庫に入れる必要がないので、コストコの巨大サイズでも、冷蔵庫のスペースを気にせずに保存できそうです。


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿