2019年3月26日火曜日

コストコのロメインレタスはサラダによし、炒め物によし、スープによし!

このところ3週連続で購入しているのが、コストコのロメインレタス。

2袋入って398円。熊本県産です。

1株が白菜ぐらいの大きさで、ずっしり重量があります。

外側に近い葉っぱは、かなりしっかりしているので、中華風の炒め物にもぴったり。

コストコのロメインレタスの炒め物

火を通してもシャキシャキ感が失われないので、わが家では中華スープにもよく使います。ラーメンのトッピングにも便利。

夫婦2人で2株を消費するのはなかなか大変そうに見えるかもしれませんが、加熱するとたくさん食べられますし、新聞紙でしっかりくるんでおけば、野菜室で1週間は十分もちます。わが家では、土曜日に買ってきて次の週の金曜日に食べ終わるぐらいのペースです。

今朝のサラダは、このロメインレタスに、冷凍してあったコストコのアトランティックサーモンハラス燻製を軽く焼いて身を混ぜ、軽くレモンオイルを垂らしたものにしました。

サーモンハラス自体に脂と塩気があるので、それ以外は何も加えず。超お手軽ながら、燻製の香りがしっかり口の中で感じられて、なかなか豪華なサラダになります。

コストコのロメインレタスのサラダ

メインのおかずには、何週間ぶりかに肉料理を作りました。

最近はずっと、コストコのタラ、銀鮭、アトランティックサーモン、カツオがメインの食材で、肉と言えば、夫が作ったミートソースでラザーニャをしたり、ソーセージやBibigoの水餃子を調理した程度で、料理らしい料理をしていませんでした。

作ったのは、手羽先の煮物。

シャトルシェフ(保温調理鍋)に、しょうゆ・みりんを各3分の1カップ、水2カップ、にんにく4かけ、砂糖少々を入れて煮立たせたところに手羽先を投入し、一晩じっくり保温調理。最後に、煮汁を煮詰めて半熟卵にからませて出来上がり。

手羽先は、下ごしらえもなーんにも要らず、ただ投入するだけなので実に簡単。

翌朝には、身がホロホロと骨から自然に取れるぐらい柔らかく仕上がっています。

レシピに書いてある通り、玉子を「手で半分に」割ったらグチャグチャになりました。

レシピに、「手で割るときは、そっと注意深く割りましょう」と注意書きをしておいて欲しかった(と、不器用なのを人のせいにする)。


ただ具材を投入するだけなのに、とても美味しく仕上がります。

残った煮汁には、コストコの洗いゴボウを放り込んでゴボウの煮物に。

本当に久々に、コストコの食材以外がメインの食卓でした。手羽先は近所のスーパーで買ったもので、100グラム68円、1パック10本入って390円ほど。

あまり肉を食べない夫は2本だけ、私は朝と昼に4本食べました。合計約240円。玉子はコストコのもの(20個280円ぐらい…最近値上がり中)で、合計30円。

こうやって分析してみると、食費が高いのは、コストコの魚が原因のような気がしてきました。

が、コストコからのメルマガによれば、今週は銀鮭切り身と冷凍ほたてがセールだそう。冷凍ほたては一度買ったことがありますが、ものすごく身が大きくて、味も濃くて、またセールになったら絶対に買いたいと思っていました。

すでに3月の食費が4万円を超えてしまったのに、また今週末もコストコで散財することになりそうです。



コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿