2019年2月19日火曜日

1缶65円のトマト缶を2日にわたって使い回し

業務スーパー(神戸物産)の1缶65円のトマト缶は、食費節約を目指すわが家の強い味方。

このトマト缶があれば、同じく業務スーパーのむきあさり500グラム(398円)を使って簡単に安くて美味しいスープが作れます。

なお、このむきあさりは中国産なので、気になる方は気になるかも。中国産の食材の安全性は、私も気になってしまう方ですが、これから伸び盛りのお子さんと違って将来ある身でもないことと、業務スーパーが自社工場で管理している製品であること、そして何より味がギュッと濃くて美味しいのにこのお値段ということで、気にしないことにしました。

あさりのトマトスープのコツは、あさりをオリーブオイルで炒めてからトマト缶を投入すること。

いったんオイルでコーティングするので、水っぽくならず、味わいにコクが出ます。

コストコのオッターヴィオのガーリック風味のオリーブオイルを使えば、にんにくをわざわざ炒めなくてもいいので、さらにお手軽。


ついでに、冷蔵庫にある野菜も一緒に炒めると、野菜もたっぷりとれるスープに。今回はキャベツを入れました。

あさりからもダシが出るので、ブイヨンだけのスープよりもずっと味がよくなります。

残ったスープは翌朝、コストコで購入したタラフィレのトマトソース煮に使いました。

コストコのタラは、その時々によって切り身とフィレの2種類を見かけます。フィレは切り分けられていない分、切り身より割安の価格設定のようです。切り身はセール時に100グラム148円で購入していますが、フィレはたしか128円とか132円とか、そんなお値段でした。

ただ、切り身は均一に分厚く切り分けられているのですが、フィレはペラペラに薄い部分があるので、ムニエルなどにしたい場合は切り身の方がよいように思います。

お味は、フィレも切り身も全く同じ。

コストコのタラは、本当に身がふわっとなめらかで、水っぽさが全然なく、淡泊ながらもうまみがしっかり感じられます。

トマトソース煮の仕上げに、同じくオッターヴィオのバジルオイルを垂らしたら、イタリアンっぽさが増して、さらに美味でした。


2人分で使ったタラは170グラム。前日のトマトスープの使い回しで、220円ぐらいで大満足の一品となりました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ。
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿