2019年8月22日木曜日

美味しいカレーが食べたい!~「マスコット 印度の味」

ここ数日、湿度が高くて食欲がわきません。何か食欲が出そうなスパイシーなものが食べたい……ということで、久しぶりにカレーを作りました。

使ったのは、以前コストコで購入した「マスコット 印度の味」。コストコファンの間では、「本格的なカレーが作れる」とかなり評価の高い商品です。



一般スーパーで買うと1ビン600円近くするのが、コストコなら2ビン入りで900円ちょっと。

買ったときの正確な値段は忘れましたが、たしか100円引きぐらいの時に買ったような気がします。

レシピは、ものすごく簡単。鍋に中身を空けて水を足し、好きな肉や野菜と一緒に20分ほど煮込むだけ。

今回は、コストコのほたて、ベビーほたて、エビ、しめじと業務スーパーのむきアサリを使ってシーフードカレーにしてみました。

前回と前々回は手羽元を使ってチキンカレーにしたのですが、いまひとつ満足できる仕上がりになりませんでした。

なんというか、全体的に味に深みがないというか、コクが足りないというか。手羽元を最初にフライパンで焼いてみたりもしましたが、やはり何かが物足りない。

煮込む時間が20分だけというのが短すぎるのか?と思い、今回はシャトルシェフを使って1時間ほど保温調理にしてトライ。

ただ、エビは長時間煮込むと硬くなりそうだったので、最後の仕上げ時に加えました。


具材が豪華な割に、「まあまあかな……」という感じでした。

夫は「美味しい美味しい」とたくさん食べていましたが、ほたてやアサリの力を持ってしても、「何かが足らない」感がぬぐえず。もっとシーフードのだしが出るかと思ったのですが、カレーのスパイスにかき消されてしまった感じ。

なぜか、ルウと具材のハーモニーが一切感じられない。

具材がルウと絡み合っていない。ただぽつねんと、そこに具材がある感じ。

これは、手羽元を使ったときにも感じたこと。ルウに具材のうまみが流れ出てカスカスになってしまった、というわけではない。具材のうまみが引き出されていないとでもいうのか、とにかく何かが物足りない。

何が足りないんでしょう。

この「印度の味」を使って、「美味しかった!」と満足できたのは、具材にコストコのロティサリーチキンの残りを使ったときだけだったような気がします。

ということは、もっと具材にしっかり味(塩?)を付けて焼くなり何なりしてから投入すれば美味しくなるんでしょうか。

それとも、ただ単に、カレーの好みの問題でしょうか。

なんだかむしょうに、こういう本場っぽいスパイシーなカレーではなく、「ハウス バーモントカレー」のような昭和レトロなカレーが食べたくなってしまいました。

考えてみれば、昔懐かしい箱入りのチョコレートのようなカレールウを最後に買ったのは10年以上前のような気がします。

次は久々に、なつかしのバーモントカレーを作ってみましょうか。


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


0 件のコメント:

コメントを投稿