2019年2月25日月曜日

コストコのメリノウールソックスは、超コスパよし!…ただし、足が小さい人は「超回転」にご注意を

日差しに力強さが感じられるようになって春の訪れが近いことを実感させられる今日この頃ですが、まだまだ風は冷たく、ともすると冷えがち。

3月も近いというのに、わが家ではまだしばらく、暖かいソックスが手放せそうにありません。

ずっと自宅で仕事をしているので、これまでは1足1,000円近くもする機能性保温ソックスなどを購入していましたが、今年の冬は、コストコのメリノウール混のトレイルソックスが大活躍しています。


これがめちゃくちゃ暖かい!

商品の帯には、「ウール ポリエステル その他」と書いてあるので、ウール100%ではないようですが、機能性保温ソックスと比べて全く遜色のない暖かさ。

しかも、機能性保温ソックスは足が蒸れる感じが苦手でしたが、こちらのトレイルソックスは「Breathable mesh(通気性のあるメッシュ地)」というのがウリの1つで、蒸れ感が全くない。

おまけに、機能性保温ソックスは分厚すぎて靴に入らず、外出時は別のソックスに履き替えるという手間がかかったのですが、コストコのソックスはブワブワに分厚いわけではないので、外出時にも履けます。

そして何より、コスパが抜群。4足で1,600円弱。1足400円(税込み)という安さです。

冬の北海道を訪れたときに購入したモンベルのメリノウールトレッキングソックスが1足1,800円(+税)ということを考えると、4分の1以下。とはいえ、モンベルはメリノウール100%なので、ポリエステルが入っているコストコ商品と正味で比較することはできません。

が、1足400円なら家の中でも気軽に履いてジャブジャブ洗濯機で洗えますし、大阪の冬ならこれで十分。

ただ、このコストコのソックス、履いているうちに、こういう現象が起きます。


これ、足のどの部分か分かりますか?

実は、足の甲なんです。

白い柄がタプタプっと余っているところは、ちょうど足の付け根の部分。

白い部分は、本来はかかとにあるはずなのです。

正しい着用写真はこちら。


この現象、必ず左足のみに起こります。

このソックスは左右の別がないので、なぜ左足だけ?と考えてみたところ、実は私の足は革靴だと22.5センチなのですが、左足の方が微妙に小さいんです。

右足と、同じソックスのメンズを履いている主人の両足とも、この現象は起こらないので、左足が小さいせいで、靴下がくるくる回ってしまうように思われます。

というわけで、レディースのサイズは一応21cm-26cmと書いてあるのですが、足が小さい人は要注意です。

よく回ります。くるくる、くるくる、気が付くと、かかと部分が足の甲に出ています。

スリッポン型の靴を履いていて、足元をふと見下ろすと、ソックスのかかと部分が「コンニチハ!」していたりします。

足が小さく、美意識の高い方には絶対オススメしません。

でも、洗濯機でガシガシ洗ってもちっとも縮むことなく毛玉もできず、作りもしっかりしていてコスパは最強です。

来年あるかどうか分からないから…と、わが家では夫婦ともに2パックずつ購入してしまいました。

先週土曜日の尼崎店には、まだ残っていましたので、興味のある方はぜひどうぞ!


コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村



0 件のコメント:

コメントを投稿