2019年4月16日火曜日

コストコの新商品「コブサラダ」を自分で作ってみました

前回のコストコショッピングで、デリコーナーに新しいサラダが登場しているのを発見しました。

その名前は、「コブサラダ」。

コブ?昆布?と不思議に思い、ラベルをよく見てみるとCOBB SALADの文字が。

中身は、ロメインサラダとベーコン、蒸し鶏、ゆで卵、レッドオニオンの薄切りで、お値段はサラダにしては高めの1,180円。

ロメインレタスなら、コストコで小ぶりの白菜ほどの大きさがあるものが2株400円で買えてしまいますし、蒸し鶏は保温調理器のシャトルシェフとコストコの「さくらどり むね肉」を使えば、手間いらずで作れます。わが家では、犬の手作りご飯のために週1回、むね肉を茹でるので、そこからちょちょいと拝借すればいいだけ。

興味はあったものの、特に凝った具材が使われているわけでもないのに1,180円もサラダに支出するのは気が進まず、買わずに帰宅しました。

ネットで調べてみると、ロバート・コブさんという、レストランのオーナーが考案したことから、「コブサラダ」の名前がついたそう。

さらに調べると、なんと、コストコのコブサラダのドレッシングは、キューピーのコブサラダドレッシングと同じ味とか!

専用のドレッシングが出ているほど、コブサラダって一般的なものだったのですね。全然知りませんでした。

さっそく近所のスーパーに見に行くと、ありました、キューピーのコブサラダドレッシング。198円なり。

パッケージには、「おすすめ食材例」として、アボカドとラディッシュのイラストが描いてあります。



原材料名を見てみると、

チリペパー
ローストガーリック
ヤラピノピューレー(注:ヤラピノ=ハラペーニョのことです)
クミン
コリアンダー
こしょう
パプリカ
オレガノ
しょうが

といった、スパイスがズラリ。

コストコのコブサラダにはアボカドが入っていませんでしたが、ちょうどコストコの冷凍アボカドがあったので、アボカドも少量イン(関連記事:コストコの冷凍アボカドで超お手軽「アボカド納豆どんぶり」…ただし、食べ過ぎると身体が超冷え冷え!)。

正式には、具材を角切りにするようなのですが、コストコの冷凍アボカドはスライスされていて、解凍するとかなり形が崩れてしまうので、気にしないことに。

トマトがなくて彩りがさみしかったので、スライサーで細く切ったニンジンを彩りにしましたが、そのおかげで、「具材を角切りにする」というコブサラダのビジュアルからますます遠ざかりました。


というわけで、結局完成したのは、「コブサラダドレッシングをかけたサラダ」。

このドレッシングが、とても美味しかった!

チリペパーが辛いのではないかと少し心配していましたが、全然辛くはなく、ほどよくスパイスが感じられる程度。

お子様でも十分食べられる味だと思います。

今回は、トマトやキュウリといった夏野菜は使いませんでしたが、旬になったらぜひ、そうした夏野菜も使ってコブサラダを作ってみたいと思いました。

あとは、コストコの巨大なブラウンマッシュルームをスライスして入れても美味しそう!




コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿