2019年5月22日水曜日

誰か見間違いだと言って!あと10日も残っているのに食費が既に4万円超/コストコのパイナップルがけチョコレートに拍子抜け

家計簿を付けていてびっくり。

締日まであと10日もあるのに、5月の食費が既に4万円を超えてしまいました。驚愕の数字です。

うちコストコでの食費は、2万8,000円。7割ほど。

5月の締日(引き落としの都合で6月2日まで)の間に、あと週末が2回あるので、2回ともコストコに通ったら食費が6万円を突破してしまいそう。

今週のクーポンで心ひかれるのは、冷凍ほたてだけなので、木曜日のクーポンメールでめぼしい商品が割引になっていなければ、今週はコストコ通いはお休みします。

振り返ってみると、食費が高騰した一因は、コストコで1,800円近いチョコレートを2種類も買った上に、アップルノルマンドタルト1,600円を購入して、スイーツだけで5,200円も費やしたことにあると思われます。

そのチョコレートの一つは、オーガニック・アーモンド・ナゲッツ。


アーモンド、カボチャの種、ヒマワリの種、チアシード、ココナッツをダークチョコレートでからめたもので、非常に香ばしくて美味しいです。

使われている材料は全て、ライスシロップや砂糖までオーガニックという徹底したこだわりよう。

ダークチョコレートとはいえ72%なので、あまり苦いチョコレートが苦手な方でもギリギリ大丈夫だと思います。

ザクザクした食感もよくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。なお、結構チョコレートが溶けやすく、つまむとすぐに指の体温で溶けてくる感じなので、興味のある方は暑くなる前にお早めに試すことをオススメします。

そしてもう一つが、カークランドシグネチャーのパイナップルリング。


ドライパイナップルにチョコレートが半分だけまぶされています。


これ、パッケージが小さかったので散々ためらった後に思い切って買ったのですが、「チョコレート♪」と期待して買うとがっかりするかも。

パイナップルの存在感がものすごく強くて、チョコレートの存在感がかぎりなく薄い!

考えてみたら、輪切りにしたドライパイナップルの下半分だけ、溶かしたチョコレートにディップしているので、チョコレートの比重って、かなり低いんですよね…。

そして、このドライパイナップルが甘いのなんの!

甘いお菓子が好まれるタイが原産国というのも関係しているのかもしれません(ちなみに、アーモンドナゲッツはカナダの製品)。

とにかく甘い。

1人で1個食べるのはとうてい無理!


ハサミでちょっと力を入れて切ったら半分に切れる程度の硬さなので、夫と半分ずつにして食べています。

さらに誤算だったのが、チョコレートの苦みよりパイナップルの甘酸っぱさがはるかに勝っているせいで、コーヒーに合わないということ。

というわけで、アーモンドナゲッツの方はついついコーヒーや紅茶のお供としてつまんでしまうのですが、パイナップルの方はなかなか手が出ず。

1,800円近くもしたのに、がっかりです。

マッキーズのポテトチップに続いて、「買わなきゃ良かった」商品となってしまいました。

関連記事: リンゴとポテチはやっぱり国産の方がいいと思った話~つやつやリンゴの「ピンクレディ」とマッキーズのポテトチップス

コストコブログが充実!コストコ人気商品を探したいなら、こちらがオススメ
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿